1日1記事実践中:日常はネタに溢れているという気付きの話。

スポンサーリンク

自分の生活は、書き留めればいくらでもネタとして膨らませることができる事柄に溢れていることに気付きました。


どうも、チャボです。



1日1記事とはいえ、その時の思い付きで書くわけではなく、日々を普通に過ごしながら無意識にネタを探しています。

そしたら



「あ、これ書いたら膨らみそう」



っていう事柄に出会う機会が意外と多いんです。

そう考えると、ボクの毎日も意外と捨てたもんじゃないのかも?

って思えたりしました。

毎日をなんとなく過ごしている人って多いと思いますが、意外と
考え方ひとつで見えている世界は変わるもんですよ。

今回はそんなおはなし。


もくじ

発想の転換の大切さ

気付きと発見の連続

まとめ


発想の転換の大切さ



書かなきゃいけないという強迫観念については、強制して矯正する強制ギブスのおかげで常時発動中です。

それについての詳細は、以前のこの記事にて。



ボクのブログは雑記というかライフログなので、単一のネタについて深く掘り下げたものではありません。

だからネタは無限大。
悪く言えば統一感のないブログ。

でもこれも角度を変えれば



『ボクについて探求するブログ』



なわけです。

モノを見る角度って、自分の判断に於いてとても重要だなって思いました。

これも悪く言えば、捻くれ者になるのかもだけれど。笑

たったそれだけのことですけれど、世界の色は違って見えるものです。

ホント、不思議。


気付きと発見の連続



ブログのネタにするぞ!

って言って張り切って目をギラつかせてるわけではないんです。

すごく普通に過ごしています。

その中でも、無意識にアンテナ立てているからか、色々な事に気がつくようになりました。

というか、気になるようになった感じ。

気になったことをメモっておいて、あとから調べてみると、新たな発見がそこにある。

この気付きと発見の連続が、ボクの毎日に少しずつ彩りを与えてくれている気がします。

少しずつですが、充実感を覚えている感じ。

これはとても素敵なことです。


まとめ

本当、少しのことなんだと思います。

でも、だからって感情や考え方はそんな簡単な話じゃないし落ちる時はどこまでも落ちます。

けれども、そんな起伏もまたネタになるかもしれない。

探求すれば何か新たな気付きになるかもしれない。

そんな前向きな



『かもしれない』



に溢れた毎日の存在に気付けたことで、ボクは少し前に進めた気がしています。



ボクと同じように閉塞感や絶望感で息詰まる日々を送っている人達が、自分と対話できたり、人の話を聞いてもいいかなって思えるくらい、少し気持ちが上向きになったタイミングとかでいいんで、できる範囲で試してみてほしいです。



自分しか見ない日記やメモでもいいと思うから、日々の気付きや発見を心の栄養として与えてあげてください。

そしたら、当たり前のようにやってくる、絶望感に満ちた朝の光が、ほんの少し。
ほんの少しだけ、清々しく感じることが出来るようになると思います。

誰かにとって、少しでも自分で自分のやりたいことを見つけられるキッカケになれたらいいなと思い、記事にしてみました。

ボチボチ。
ゆるーく。
まったりと。

今回はここまで。

シェアしてもらえると…とても嬉しいです^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク