自分のことを客観的に見れず、人の話を聞けていない。

スポンサーリンク

ぜーんぶ

できていたつもり

でした。

でも実際はそうじゃなかった。

全くそう見られていなかった。

周りからそう見えないということは、出来ていないということなので、怒られても当然です。

そんなことすら気付けず、周りの感情にも気付けない現状は、まさに孤立状態。

数年前に心を病んで友と呼べる人を全て切って以来、親兄弟に至るまで徹底的に関係を薄めてきた事で、コミュニケーションを取る機会が減り、そもそも会話をしなくなりました。

それに乗って、他人に対する思いやりや気遣いの精神が荒廃してるのでしょうね。

人に優しくない。

過去どうだったかはわからないけれど、出来ていたつもりでした。

つもりです。

しかしそれも、今思えば打算的な優しさですよ。

こうすれば喜ばれて見返りあるかな?

みたいなことを小学校低学年くらいのときから考えていた記憶はあります。

まぁそれに気付いた人達は離れるし、気付かない人は喜んでくれるしで、そんな世界を生きてきたつもりです。

つもりです。

それも客観的に見たら全然違うのでしょうね。

もうね、自分の感覚は信じられません。

やったと思っていたこと→やれてない

これの繰り返し。

そんなこんなで、上司にフォローされるくらいのレベルで、まとめてくれている同僚に激昂されてしまいました。

このギリギリのタイミングで、ボクができてると思って任せていたのに実はできてませんでした!ってことになったもんだから、完了としていたことも全て白紙にかえり、それを一から立て直さないといけなくなったので、有休とって参列する予定だった子供の卒園式は、嫁と話してキャンセルしました。

本日は、休日出勤で延び延びになっている雛人形の片付けと、卒園式欠席の埋め合わせの品を買いに行ってきます。

元々なかったんでしょうけれど、とはいえ職場でも家庭内でも信頼をさらに失ってきているあたり、笑うしかないですね。笑

今回はここまで。

シェアしてもらえると…とても嬉しいです^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク