何かが変わった日。トンネルを抜けたような感覚を味わう。

スポンサーリンク

どうも、チャボです。

仕事、正直なところここ最近、というか長い間モチベーションが低かったのだと気付きました。

それを奮い立たせたり、環境を変えたり、色々していましたが、それらは全て逃げだったんだなと、今日気づいたのです。

けれど、それらは決して無駄ではなく、今日のこの日、スイッチが入ったように、トンネルを抜けたように、自分の中の何か大きなものが変わる為の長い長い助走だったのだなと。

考え方、捉え方、気の持ち方、人との接し方、それらが一本の線の上に並んだ感覚。

自覚とはどういうものかを理解する為の階段を1つ登れたような感覚。

そんな感覚を、今日覚えました。

コレはものすごく久しぶりな感覚です。

仕事においても、自分自身においても、たくさんの課題はあります。

けれど、それらの課題を置き去りにせず、なぁなぁにせず、逃げずに、自分の立ち位置を理解して、しっかりと責任を果たすこと。

それが、信頼してくれる人たち、頼ってくれる人たち、関わる全ての人たちの期待に応えることであり、結果を出すということなのだと思いました。

上司でもなんでもないけれど、それでも自分がチームのみんなを取りまとめるという責任を果たし、自分にしかできない結果を導けるように、甘えるのではなくしっかりと頼り、ボクがちゃんと周りを信頼して助け合うこと。

それでいてボクの中の軸がブレないように、思いを伝えて、変なバイアスが掛からないよう平等に接しながらみんなで進めていくこと。

そしてみんなの思いや方向性が同じ方向を向きつつも、ちゃんと個性が活かせること。

忙しくても変なストレスがなく、少しでも仕事にやり甲斐を覚え、少しでも得るものがあり、楽しいと思えること。

そんなチームにしていけるように、ボクがしっかりとした方向性を示していきたいと思います。

全ては叶わないかもしれない。

でも、それでも、今より何か少しでもよくなったと思える状態に持って行って、いずれはチームだけでなく係ごと横軸でまとめていけるような人間になりたいと思います。

これは夢ではなく、目標です。

ボクひとりではできないことだし、ひとりでやる気もないです。

ひとりがリスペクトされるような、ひとりが手柄を求めて孤軍奮闘するような、そんなのはボクの目指す成果じゃないんです。

みんながそれぞれの立場で、思いで、自分の思う結果を出して、それが集まって初めて成果だと思っています。

そんなことを思えた今日は、ボクにとって大きな一歩だと思います。

このプロジェクトを立ち上げてから約1ヶ月。

今更ながら目が覚めました。

明日から切り替えていきます。

そんな決意を持てました。

頑張っていきますよ!

今とても楽しいです!

今回はここまで🐔

シェアしてもらえると…とても嬉しいです^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク