スカパラの爽やかさと宮本浩次の情熱が見事にマッチしたコラボ曲。明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次

スポンサーリンク

明日のこと考え過ぎて
もう今日の勇気とかないのか?

どうも、チャボです。

ついに来ました!
このコラボを知ってから、聴ける日を心待ちにしていたんです!
東京スカパラダイスオーケストラと、エレファントカシマシ宮本浩次のコラボ曲!

今回はその曲、「明日以外すべて燃やせ」のご紹介!

◆予想をいい意味で裏切った名曲

宮本浩次といえば、情熱的で野生的を前面に押し出すいい意味で獣のような熱さをもった名ボーカリストです。

スカパラもライブでハジける熱いスカの曲を数多く出しています。

その2組がコラボと聞いて、タイトルからもボクはてっきりそういう、熱い曲がリリースされるものと思っていました。

ところが!

公開されたMVを観て、その予測は見事に裏切られましたよ。

しかもいい意味で!

スカの持つ軽やかさや、爽やかさを前面に押し出したポップなメロディ。

表面的な熱さをグッと抑え、秘めた情熱で歌詞の世界を表現する見事なボーカル。

この2組が、それぞれの持ち味を違う方向で昇華させたこの曲

「明日以外すべて燃やせ」

やはり、互いにジャンルは違えど長く音楽シーンを牽引してきたミュージシャンです。

互いの持ち味を活かして素晴らしい形で構築するあたり、さすがと言わざるを得ないですね。

この曲への想いは、動画で当人達が語っていますが、スカパラが奏でて宮本浩次が 歌うからこそ完成した曲だろうと思います。

他のボーカリストだったら、また全然違った曲になったことは想像に難くありません。

◆スカパラのコラボはステキ!特に歌モノが熱い!

スカパラは基本的にインストのスカバンドです。

インスト。
要するにインストゥルメンタル、歌のない音楽だけの楽曲って事です。

インストでのコラボも色々とやっていますが、CMでも話題になったのは、さかなクンとのコラボ曲ですかね。

Paradise Has No Border(feat.さかなクン)

ですが、これまで数々の名ボーカリストともコラボしながら、歌モノをリリースしてきました。

もちろんスカパラメンバーが歌う歌モノもいい曲揃いではありますが、今回はコラボ曲に絞って数曲ご紹介。

めくれたオレンジ(feat.田島貴男:ex.オリジナルラブ)

ちえのわ(feat.峯田和伸:ex.銀杏ボーイズ)

嘘をつく唇(feat.片平里菜)

Diamond In Your Heart(feat.細美武士:ex.ELLEGARDEN、the HIATUS)

サビレルナ和ヨ(feat.TAKUMA:10-FEET)

道なき道、反骨の。(feat.Ken Yokoyama:ex.Hi-STANDARD)

なかなか個性豊かなボーカリストとコラボしてるでしょ?笑

音楽シーンを代表する各ジャンルの、いろいろな年代の錚々たるメンツですよ。
しかも誰とコラボしてもブレないし、かっこいいし。

こんな人たちとコラボできるとは、さすがスカパラです。

中でも特にボクが好きなのは、下記のコラボです。

黄昏を遊ぶ猫(feat.中納良恵:ex.EGO-WRAPPIN’)


EGO-WRAPPIN’がそもそもホーンを多用した楽曲が多いから違和感もないし、この曲はスカというよりJAZZだし、まんまEGO-WRAPPIN’やんって思ったけれど、でもやっぱりスカパラなんですよね。
うまく説明できないのですが、グルーヴとか持っていき方とか。
MVもかっこいいし、このコラボでしばらく活動して数枚音源出して欲しいくらい好きです。

カナリヤ鳴く空(feat.チバユウスケ:ex.The Birthday、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT)


クセが強くてめちゃくちゃカッコいい、あのチバユウスケとのコラボとか、どんななんねやろって思ってましたが、チバさんしか出来ない感じの曲に仕上がってて、痺れましたよ。
チバさんの持ち味を、ジャジーなシャッフルで最大限に引き出されています。

美しく燃える森(feat.奥田民生:ex.ユニコーン)

なんというのか、奥田民生の気だるい感じと、スカパラのラフな感じがものすごくマッチした名曲だと思いますコレ。

奥田さんが自身の曲ではあまり見せないセクシーな雰囲気が出ていて、リスナーをその世界に引き込んでくれます。

また見たいコラボです。

追憶のライラック(feat.永積タカシ:ハナレグミ)

ハナレグミよろしく、永積さんの緩くゆったりとした雰囲気そのままに、そっとスカパラが寄り添ったような、午後の昼下がりに聴きたくなるそんな曲。

歌詞の世界をそのまま体現したような、そんな素晴らしい曲です。

上記の通り、ボーカルのクセが、アクが、強ければ強いほど、スカパラの上で踊った時、輝くような気がしていますね。

そして、ボーカリストだけじゃなく、バンドともコラボしていたりします

ツインドラムが光る、スカパラのバンドコラボ三部作をご紹介。

流れゆく世界の中で(feat.MONGOL.800)

Wake Up!(feat.ASIAN KUNG-FU GENERATION)

閃光(feat.10-FEET)

また、スカパラ名義ではなく、天才科学者ジミーヘンドリックスがこの世に残した、究極の生命体を自称するオオカミバンド
MAN WITH A MISSIONの楽曲へのコラボという形で、スカパラが参戦しています。

Freak It!(feat.Tokyo Ska Paradise Orchestra)

いかがでしょう? 個性同士の衝突が生む大きなウネリ、感じていただけましたか?

◆まとめ。スカパラはただのインストバンドじゃない。プロデュース力も抜群の職人集団。

ゲストで呼ぶボーカルやバンドの個性を理解し、決して押し付ける事なくそれらを高めて新たな魅力を開花させる力は最早職人技です。

しかももちろん演奏力も抜群ですし、ライブで見た事ありますが生で見たらまたコレがめちゃくちゃカッコいいんですよ。

音源で補正して誤魔化して…

とかじゃなく、生で見たって揺らぐことのない技術に裏付けられた最高のパフォーマンスで、一瞬で会場を一つにしてしまいます。

是非一度、ライブに参戦して生で見て欲しいですね。

素直にそう思える素晴らしいバンドなんです。 スカパラは。

幾多のメンバーチェンジを経験しながら、日本の音楽シーンにスカというジャンルを浸透させ、確固たる地位を確立したスカパラ。

これからもきっと新たな扉を開き続けてくれると思います。

すごい楽しみです!

今回はここまで🐔