歌謡×ロックの高み。懐かしくも新しい艶ロック。幻惑/椿屋四重奏(解散済)

スポンサーリンク

どうも、チャボです。

既に解散しているのですが、椿屋四重奏というバンドをご存知でしょうか?

個人的にはジャパニーズロックの新しい形を提示したバンドだと思っています。

そして彼らにしか出来ない、艶めいた独特の雰囲気と重厚なサウンド。

特に初期はその雰囲気が顕著です。

ではご紹介。

◆中田裕二率いる和製ロックバンド、椿屋四重奏

全曲作詞作曲をこなすボーカル、中田裕二。

彼の紡ぐ言葉やメロディは、日本の古き良き歌謡曲のエッセンスをベースに、ロックテイストを混ぜ込み昇華させた、まさに中田ワールドと呼ぶにふさわしい世界観となっています。

それを重厚なサウンドで包み、構築するメンバーの技量も相当なもの。

とはいえ、音楽性も型にとらわれず縦横無尽に様々なテイストの曲をリリースしていました。

振り幅が大きく、ポテンシャルの高いバンドだったと思います。

残念ながら、大ヒットとなる前に解散してしまったので、ご存知ない方も多いかとは思いますが、日本にもこんなカッコイイ曲を奏でるバンドがいたのだということを是非知って欲しくて、紹介しています。

◆椿屋四重奏の良いところがぎっしり詰まった名曲“幻惑”

椿屋四重奏の全楽曲を聴きましたが、その中でもボクが思う、

“これぞ椿屋四重奏の真髄だ!”

という曲が“幻惑”です。

曲そのものの雰囲気もさることながら、決して強くないのにヘヴィな楽器隊に負けずに上手く融合しているボーカルはさすがです。

歌詞の世界観、歌声、メロディ、サウンド。

これら全てが艶めいて、我々日本人の耳にスッと入って脳を揺さぶってくれます。

これぞ艶ロック。

一時この曲ばかりを繰り返し聴いていた時期もありますし、今でも流れたら2、3回は繰り返し聴くほどに、ボクの中では輝きを失っていない、そんな曲。

椿屋四重奏としての活動再開はないだろうけれど、ボーカルの中田さんは今でもソロ活動続けておられるので、こういう路線の楽曲もたまには聴かせて欲しいものです。

今回はここまで🐔

シェアしてもらえると…とても嬉しいです^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク