車を買いました。TOYOTA/VELLFIRE

スポンサーリンク

どうも、チャボです。

買っちゃいました。

今日。

車を。

◆車検の日取りを決めに行ったついでに試乗させてもらった

新車で買った愛車のVOXYももうすぐ9年目。

もうすぐ車検だったんです。

なので、ディーラーに車検の日取りを決めに行ったのですが、そこで展示してあったヴェルファイアを眺めていたら、

「試乗しますか?」

と、言われたので、興味もあったから乗ってみることに。

そしたらまぁー…乗り心地のいいこといいこと。

VOXYよりもかなり広い車内で快適性は抜群。

運転も、どっしり感がある割には重たくなくて、スイスイです。

オートクルーズも付いてて、ハンドルからブレーキ、アクセルまで、一般道でも自動で動いてくれます。

慣れなくて怖いし、ブレーキングもググッて感じやからちょっと微妙やったけど、総合的に見てこりゃ確かに便利だと思いました。

カーナビも11インチで見やすいし、ハンドリングも快適。

一番驚いたのは、サイドブレーキがないこと。

自動で掛かったり外れたりするそうで。

まぁこの辺は、他の車種でも同じらしいですが、さすが、TOYOTAが誇る最上級ミニバンは格が違います。

結果的には大満足でした。

こりゃぁ欲しい。笑

まずは気軽に乗ってみなって言った営業マンさん、さすがです。笑

乗ればわかるこの快適性。

◆車検の金額のついでにザザッと見積もりを出してもらった

ハイブリッドはもっと高いけれど、ガソリン車で元値が370万円からなので、オプション諸々付けると400万円強。

ほぼ500万円になりました。


画像はTOYOTAオフィシャルサイトより

なんとか値引いてもらっていいとこまできたけど、それでもやっぱり高かった…

こりゃ無理無理。

VOXYの時はオプションふんだんに付けて300万円だったから、その差は歴然。

まぁ当然ランクが違うんだから当然ですが到底手が届くシロモノではありません…

ので、とりあえず車検の予約だけして帰宅しました。

◆車を買い替えることにかなりの迷いがありました

正直、迷ってたんですよね。

愛車のVOXYは結婚の時に買った車だし、これでいろんなとこに行ったし、我々家族の全てを共に過ごして来た車だから、すごく愛着があって。

今も全然不調なく元気だけれど、もう年数も経ってるし、そろそろガタが出始めるかもなーとも思ってたのも正直なところ。

いつか別れが来ることも理解してました。

子供達も大きくなって来たし、もうワンランク大きな車に変えることで、遠出が更に快適になるならそれもいいよねーって話はしてたりもしました。

そんな中で、突然新車購入の流れ発生だから、かなり揺れてました。

どうするべきなのか…

大切に乗って来たからこそ、今下取りに出せば良い値段がついて、これからの僕達の人生に違う形で貢献してくれるといえばその通りだけれど、まだまだ走れるVOXYを手放して買い替えるのは無駄遣いな気もするし。

とても難しい選択でした。

◆後日連絡が来たので再訪問し、契約の運びとなりました

後日、営業マンさんから

「もっと頑張れそうです。よかったらどうでしょう?無理なら全然いいので、とりあえずお話だけでも。」

という連絡があったので、行ってみることに。

そこで再度オプションやグレードを見直し、カーナビの実機も操作して確認。

気になる機能も全部確認。

ほぼオールクリアでした。

それから提示された条件は、かなりのモノでした。

ボクたちにとって、恐ろしく好条件。

「本当にいいんですか…?」

「これ以上は無理なんで、これで決めてくれるならOKですよ!」

そんな会話の後、しばらく家族会議をし、散々悩み、実車を見、カタログを見返し、オプションを見直し、家族会議をし…

4時間程悩み抜いて出した結論は

「買います」

でした。

家族の一員であるVOXYとの別れが決まった瞬間です。

納車はまだ先になるとのこと。

そんなわけで、本日、ボクたち家族にとって、とてつもなく大きな買い物をした記念日となりました。

◆車を買い替えることは嬉しくもあり寂しくもある

とても愛着のある車でした。

だからこそ、別れが惜しい。

まだまだ乗ってあげたい。

でも、そんなに愛着があったからこそ大切に乗ってきたし、だからこそ次の車の土台となってくれた。

そんな愛車の力を借りて、新たな車を買わせてもらったのです。

たかが車。

されど車。

ボクたちと苦楽を共にしたこの愛車は紛れもなく家族の一員でした。

こんなに愛着があるとか気持ち悪いと言われるかもしれません。

でも、ボクたちはそんな気持ちで乗ってました。

洗車もまともにしてあげなかったし、車内も綺麗とは言えない。

傷だって付けたし散々無茶もしてきた。

だけどずっと元気にボクたちを乗せて走ってくれた。

本当に感謝しかないです。

納車までの数ヶ月。

しっかり乗ってしっかりとお別れをしようと思います。

そして、次の車にバトンを繋いでくれたVOXYにたっぷりの感謝を伝えて、次の車、VELLFIREの新たな門出を祝おうと思います。

これからボクたちをいろんなところに連れて行ってくれる新しい家族ですからね。

たかが車。

されど車。

愛着ってこういうことなんだなって、今回で初めて実感しました。

この先の人生でも、人でもモノでもそうやって愛着をもって接していければ、きっと豊かな心が育つのかもしれないな。

そんなことを考えさせられる出来事でした。

まだ納車は先なので、また納車されたらご報告します。

今回はここまで🐔

シェアしてもらえると…とても嬉しいです^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク